バンド活動初心者入門

正規メンバーとサポートメンバー

Q. バンドの正規メンバーとサポートメンバーという位置づけについて教えてください

はじめに断っておくのは、サポートにしろ、正規にしろ、明確な定義はありません。

これらは、自分たちのバンドの環境から生まれるため、かなり幅が有ります。

ですので、あくまで一般論としてお話しますが、もちろん例外もあることを頭に入れておいてください。

正規メンバーとは楽曲のコンセプトにタッチできる人

正規とは何を持って正規なのでしょうか。

それは、楽曲に対して突っ込んだアプローチができる、という点ではないでしょうか。

つまり、楽曲の持つコンセプトなどを踏まえ、ある程度自分の意思でのアレンジメントの権限を持っていると捉えるのが妥当でしょう。

ですから、楽曲のここがおかしい、「気に入らない」という主観的な物言いができる立場といえます。

これは、アレンジの根幹として、バンド全体が大きな決断をしたりする際に、非常に重要になってくる立ち居地という視点でしょう。

また、別の視点から見ると、バンドと共に生活をささげられる人が本来の正規メンバーと呼べるでしょう。

つまり、バンドの運営に積極的にかかわる立場であり、たとえばスタジオ代などがかかっても、それを折半して払うべき義務と精神を持っているともいえるでしょう。

サポートメンバーとはある種の職人

対するサポートメンバーとは、文字通りサポートをする人を指します。

ただしサポートする対象は、正規メンバーであり、正規メンバーが奏でる曲であり、正規メンバーが所属するバンドです。

つまり、サポートメンバーとは、自発的にサポート要因ではなく、何かの目的をもって呼ばれた、この場合はプレイヤーということになります。

たとえば「今この曲をやっているけれど、やはりギター1本では賄いきれない空間があるから、ここを別のフレーズで埋められる中音域のプレイヤーがほしい」であったり。

「バンドとして曲をやっているが、煮詰まっているから、一度はいって聞いてほしい」といったアドバイザー的な場合もあるでしょう。

つまりは、何かしらのニーズを満たすために呼ばれる専門家であることが多く、自分の思想や精神を満たすための立ち居地ではないということです。

それ故に、「このバンドのこういう方向性がおかしい」といった、バンドの根幹をいじることは御法度といえるでしょう。

現行のメンバーより、その求める点で明らかに秀でているものであれば、サポートとしてうまく機能するでしょう。

また、そうした立場ゆえに、いわば「お客様」としての視点が強く残ります。

従って、本来であればスタジオ料金をはじめ、お金を払う必要などはないでしょう。

中にはサポートという名前をうまく使って、都合よくプレイヤーを使うバンドもいるので、注意しましょう。